NEWS & TOPICS

お知らせ NEWS & TOPICS

2022.10.4 TUENEWS

「微生物発電」によるLED街灯が点灯しました!

(株)鳥取再資源化研究所は「エネルギーの地産地消」を目指し、鳥取市鹿野町で微生物発電の実用化に向けた実証実験を行っています。
廃ガラスのリサイクルによって生み出される、ガラス発泡剤「ポーラスα」を製造している鳥取再資源化研究所は、リサイクルが難しいとされていた太陽光パネルガラスのリサイクルに成功しました。
このガラス発泡材が持つ無数の小さな孔(あな)には微生物が留まる特徴があります。微生物の一部には、生命活動の中で電気のモト(電子)を発生させる種類があり、これらの特性を活用した「微生物発電」が実用化できるよう、実験を繰り返しています。失敗と成功を繰り返しながら、9月15日には、LED街灯を点灯することができました。

微生物発電についてはこちらの動画をご覧ください!

▼小学生も分かる!微生物発電の仕組みを解説
https://www.youtube.com/watch?v=yuoHvzBrNrc&t=2s